CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

CATEGORIES

archives

2016.03.05 Saturday

本格的な伊福部昭の評伝                                   ――〈生の岸辺〉をめぐって往還する〈旅の記録〉として、音楽家の〈像〉を紡ぎだしていく

0
    柴橋伴夫 著『生の岸辺 伊福部昭の風景(パサージュ)
    (「図書新聞」16.3.12号)

     伊福部昭(1914〜2006)は、映画『ゴジラ』シリーズの音楽を担当した作曲家として、その名が屹立している。だが、七十人を超える監督による三百強の映画作品に音楽を提供しているわけだから、『ゴジラ』に特化して映画音楽家とするのは、わたしなら、即座に留保したい(実は、『ゴジラ』シリーズを、わたしは一作も見ていない)。本書の著者も、「『ゴジラの作曲家伊福部昭』が、いつの間にか肥大化して、伊福部昭の普遍的な音世界を覆い隠してしまってはいないか」と述べているが、まったく、同感である。だからこそ、ここ数年の間に、本人の発言、文章も含め、様々な研究書が刊行され、現代音楽作曲家として、多くの優れた楽曲を生みだし、さらには、錚々たる音楽家を育ててきたことが、知られるようになったのは、伊福部昭の音楽世界に魅了されたものにとっては僥倖なことだといっていい。そして、いま、初めてといっていい本格的な伊福部昭の評伝として、本書が刊行されたことは、伊福部が放つ音楽世界と、その〈像〉が、さらなる深化をもって、わたしたちに提示されたことになったと断言しておきたい。
     著者が、渾身の思いで命名したと思われる書名に、本書におけるモチーフのすべてが凝縮されていると見做すことができる。
     「いのちを育んだ『生の岸辺』は、真に『地方的』な場であった。そしてそれぞれの地で土や森が生み出す土俗的な響きを体内に仕舞いこんだ。そこから伊福部昭は、『芸術が最後にインターナショナルになるためには、まず地方的でなければならない』ことを学びとった。」「伊福部昭の胎内に宿った宇部神社に臨在する祖霊は、見えない文化遺伝子となり、古代の音を聞く力を与え、さらに日本を超えてユーラシア全体を包括する『音の民俗誌』を訪ねるパワーを付与したに違いないと。」「神道にある『平等に基づいたアニミスティックな生命思想』、そして『私心のない清き心』、さらに『小異を受容する寛容さ』、それらはかけがえのないものとして、伊福部昭の体内にしっかりと植えられたわけだ。」
     北海道釧路で「生」受けた伊福部昭と、北海道岩内を生誕の場所とし、現在、札幌に住まう詩人で美術評論家の著者が、〈生の岸辺〉をめぐって往還する〈旅の記録〉として、音楽家の〈像〉を紡ぎだしていく。著者の〈旅〉は、当然のように、伊福部の未生以前の時空間から始まっていく。第一章は「因幡への旅」と題し、記紀神話に由来する武内宿禰命を祀り、「因幡国第一位の神格を持」ち、鳥取市国府町にある「代々伊福部家が一子相伝で宮司を務めた宇倍神社」のことが詳述される。
     「芸術が最後にインターナショナルになるためには、まず地方的でなければならない」ということは、地方的なるもの(語本来の意味での爛淵轡腑淵襪覆發劉瓠砲鯣露として、インターナショナルなものへと通底していくことを、示しているのだ。それは、下から上へと向かうベクトルといってもいいはずだ。明治近代過程において、それまで、ほとんど政治システムと無縁であった天皇家を担ぎ出し、万世一系を捏造し、神道を国家(天皇制)の中心に据えていった薩長政権が行った施政をわたしは、明治維新などといって称揚するつもりはない。神道が、明治近代天皇制を補強するためのものになったことで、「一子相伝」が否定され、伊福部家が宇倍神社から離れざるを得なくなったことからも、それは明らかだ。そのことを、著者は、「明治という国家が、強い権力(ヘゲモニー)を握り、宗教者に襲いかかった」と断じている。水平的な「アニミスティックな」神道から、統制され、上から下への国家神道へと変貌した時、日本という国家は、悲運な歴史を抱え込むことになったといえる。
     一九四〇年七月、十五年戦争の最中、虚構の天皇・神武の即位「紀元二六〇〇年」の奉祝行事が各地で行われた。札幌では、「大聖火祭」が挙行され、伊福部は、交響舞曲「越天楽」を作り、演奏を指揮した。明治近代天皇制によって、故郷から流離して、北海道へと、居住の場所を移した伊福部家、その三男の昭が「紀元二六〇〇年」の奉祝行事に関わるというアンビヴァレンス。
     一見すると、伊福部昭の音楽世界は、危うい場所を横断しているかのようだ。しかし、そうではないと思う。天皇神道とは異次元の遥か古層の時空間を掘り起こしていると、わたしならいいたくなる。著者の言を援用してみるならば、「〈響くもの〉に身を開き、感得した〈宇宙リズム〉〈リズムの根源性〉」を内在させながら、「『土俗的リズム』(律動)、『反復性』(身体性)、『荒ぶる魂』(精神)の三体」によって、伊福部昭の〈リゾーム〉をかたちづくっているからだ。代表曲「シンフォニア・タブカーラ」や初期作品でありながら、すでに鮮烈な音世界を表出している「日本狂詩曲」、「土俗的三連画」を聴いてみるならば、「まちがいなく伊福部昭の音は、原初の森から誕生したもの。国境もなく、帝国の強者も存在しない、民がそれぞれの楽器をもちより、大平原のど真ん中で祝祭を奏でる音楽だ」ということが、よくわかる。そのことが、深化した伊福部昭の〈像〉を、本書が提示している所以なのだ。

    (藤田印刷エクセレントブックス刊・15.12.5)

    2018.05.19 Saturday

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      コメント
      コメントする