CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

CATEGORIES

archives

2018.06.02 Saturday

過去と現在、さらに未来は絶えず連続した時間性           ―――若い世代の人たちにこそ読んで欲しい

0
    内海愛子・加藤陽子 著
    歴史を学び、今を考える 戦争そして戦後
    (「図書新聞」18.6.9号)

     急転する東アジアの情況のなかで南北首脳会談をめぐり、金正恩に騙されるなといった皮相な言及から、北が核を手放すわけがないといった陳腐な分析、そして極めつけは拉致問題を議題にのせるべきだといった発言が安倍政権とそれにつらなる勢力から聞こえてくるたびに、過去の時間を糊塗しているとしか、わたしには思えない。そもそも朝鮮半島の南北分断は、わたしたちの国にも大いなる責任があったはずだ。百数年前、朝鮮半島を統治下において三十五年間、なにをしてきたのかということを完全に忘失しているのではないかと、わたしは愕然とせざるをえない。だからといって、わたしは金正恩独裁体制を是認しているわけではない。それ以上に安倍政権をまったく認めていないことだけはいっておきたい。
     米ロ中などが核を保持し続けているにもかかわらず、なぜ北だけ放棄しなければならないのかと思うし、拉致問題は、南北や米朝会談に委ねるのではなく、直接、日朝で会談すべき二国間問題なのだ。ただただ米政権に追従するだけの安倍のヒステリックな北への強行路線を追認する人たちは、一九三一年の満州事変から十五年間にわたりアジア太平洋戦争を遂行した帝国日本の軍隊がどのように編制されていたのかをまず知るべきである。
     「帝国の軍隊は植民地の人びとを編制要員とした軍隊だったのです。これは日本も同じです。日本は中国への出兵のあと、不足する兵員をどこから補充するのかを検討し、その供給地として植民地支配をしていた朝鮮と台湾に着目しました。まず、志願兵制度をもちこみ、その後に徴兵制を敷きます。その数は朝鮮人兵士だけで24万人とも36万人ともいわれています。(略)アジア太平洋戦争は、アジアを戦場に、植民地の人たちを巻き込んだ帝国主義国家間の戦争という性格をもった戦争でした。」(内海愛子「日本の戦後」)
     多くの戦死者や戦火のなかの犠牲者を出した十五年戦争という最悪の事態を七十年という時間が経たからといって風化させるわけにはいかない。戦時下体制から戦後体制への移行は、大きな転換などではなく、地続きであると捉えていくべきなのである。それは、現在の東アジアの情況が、七十年前における「戦後処理」の虚妄性をまさしく露呈させていると見做すことができるからだ。
     「ポツダム宣言」(一九四五年七月)を八月一四日に受諾を通告したことで敗戦となる。四六年五月に開廷された極東軍事裁判を経て、五一年九月のサンフランシスコ講和会議へ「戦後処理」の過程は続いていくわけだが、その間、「朝鮮半島が分断され二つの政権が成立し(略)、中華人民共和国が成立(略)するなど、アジアで冷戦が激化する中で、アメリカの対日講和政策が変わ」(「同前」)っていくことになる。
     「(サンフランシスコ)平和条約は、中国侵略と台湾・朝鮮支配という重要な問題を解決しなかったのです。(略)アメリカは、アメリカを中心とした安保体制の確立、日本を再軍備し、『集団安全保障』に寄与することを日本に期待したのです。そのために日本の経済的自立が求められました。」(「同前」)
     やがて、日米安保条約を締結して日本はアメリカの「核の傘」の下に入る。このことは、苛烈にいうならば、日本国の主権はアメリカの国家意思のなかにあり、植民地となにも変わらないことを示しているのだ。戦後民主主義とは、アメリカこそ究極の理想社会だとマインドコントロールしていくための武器であったといってもいい。
     本書は、一五年五月三〇日に「恵泉女学園大学平和研究所・戦後70年特別座談会」と題して同大で行われた、加藤陽子、内海愛子の講演と質疑応答を収めたものだ。その時から三年経過して七十三年になったわけだが、なにひとつ変わらない、いや、戦争が依然、「露出」しているといいたくなる情況が続いている。本書の書名、「歴史を学」ぶこと、「今を考える」こととは、加藤が述べるように「生きている者と死んでいる者をつなぐ」ことだと思う。つまり、過去と現在、さらに未来は絶えず連続した時間性にあるということを認識していくことでもあると、わたしならいいたい。
     さらに、「平和か戦争かという二分法からどう離れるかという問題は、紛争のさなかに丸腰で入っていくことの有効性や意味を考えさせる」と加藤は述べている。そのことをもう少しわたしなり敷衍していえば、平和のためと称し安保法制という戦争法案を推し進めた安倍政権のレトリックを打破するためには、「平和か戦争かという二分法」を解体すべきだと思う。
     だからこそ、本書での二人の論者の鋭利な言葉の数々を若い世代の人たちにこそ、読んで欲しいと願わずにはいられない。

    (梨の木舎刊・17.6.30)

    2018.06.19 Tuesday

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      コメント
      コメントする