大野光明 小杉亮子 松井隆志・編『社会運動史研究 1 運動史とは何か』
(「図書新聞」19.4.27号)

 「なぜ私たちは『社会運動史研究』を始めるのか」と題して、本書の巻頭に、大野光明、小杉亮子、松井隆志の三人が発起人として書いている。
 「過去をないがしろにすることは、未来を枯れさせることだ。(略)メディアの目的は、社会運動史についてのこれまでの知見の共有、さらに現在進行形の調査・研究の成果の公開とそれによる運動史のいっそうの蓄積である。単に、社会運動の過去を恣意的に修正しようとする言説に抗するだけでなく、社会運動史をめぐって研究者がネットワークをつくり討論を重ねる場となるような、プラットフォームづくりをめざす。私たちは埋もれた種を掘りかえし、この社会に改めて蒔き直すことを試みたい。」
 社会とは何か、運動とは何かといったことを、ここでは直截に問うことはしない。発起人、あるいは編者の三人が向かっていく先は、どこかということだけが、わたしには切実なこととして見えてくる。過去と未来は切り離せないものだ。そのことだけは確認しておきたいこととしてある。76年生まれ、79年生まれ、82年生まれという三人の年齢の幅が、時代情況とどう対応していくことになるのかということには、わたしの関心はない。ただただ三人の立ち位置だけは確かなことだということは理解できるつもりだ。
 松井隆志は、小熊英二の『1968』を俎上にのせていく。
 「『「あの時代」の叛乱』が、一枚岩の動機(すなわち単層の主体)で成り立っていたかのように考えること自体、現実社会の複雑さを無視している。そもそも『言葉』だけで社会運動は成立しない。多様な動機・問題意識、あるいは人間関係や偶然の契機で区切られた諸集団が、複数積み重なることで生じた現象として『1968』を見ること。小熊の同書からは、こうした歴史像は浮かび上がってこない。いわば、小熊には『運動形態』への感度が見られない。」(「私の運動史研究宣言」)
 「小熊には『運動形態』への感度が見られない」と断じる松井の視線を、わたしなら率直に評したい。〈研究〉という角度になにがあるべきなのかということを、わたしは考えたことがない。だから、〈研究〉とは、〈何か〉と問い続けていく〈感度〉であるといいかえてもいいかもしれない。
 昨年、力論『東大闘争の語り』を著した小杉亮子は述べる。
 「生活史の聞き取りは、語りが雑多かつ大量の情報を含んでいるために、また、参加者の動機や問題意識、内的論理を生々しく伝えてくれるために、そして、自分の憶測や予断を超える過去を持った『自分以外のひと』と『わたし』がこの社会のなかでともに生きているということを認識せざるをえない方法論であるために、固定的な史観の相対化を研究者に迫る。」(「『史観』の困難と生活史の可能性」)
 運動や闘争が先鋭化していくのは、イデオロギーや思想の深化があるからではない。「参加者の動機や問題意識、内的論理を生々しく伝えてくれる」断面が、色濃く潜在し続けているから、それはリアルなものとして在り続けていくのだ。だからこそ小杉が他者と関わって生ずるものが、ひとつの共同性をかたちづくっていくことを意味していくのだ。
 大野光明は、「社会運動史をつくるということは、国家と国民を中心としてきた歴史をとらえ返す実践である。社会運動史を学んでみれば現在の国家を前提とした世界イメージが『自然』なものでも、『あたりまえ』のものでもなく、可変的なものだということに気づく」と述べながら、次のように論及していく。
 「社会運動史とは生きられた時間と空間を重視することが大切だと考えている。生きられた時間とは、過去から未来へと向かう直線的な時間ではなく、人びとの経験のなかで過去が現在につながり、独自の文脈で受容・加工されていくプロセスとしての時間である。(略)社会運動史をとらえ描くことは、生きられた時間と空間を考察すること抜きには成立しないだろう。」(「運動のダイナミズムをとらえる歴史実践」)
 「生きられた時間と空間を考察すること」という当たり前の当為を汲み入れることの困難さは、あるはずだが、大野をはじめとする三人の視点は、行為の共同性のなかにあるといっていい。だから、あらたな旅立ちとなった『社会運動史研究』が、研究誌や学際的な色あいを持つ場にならず、生きた場所のなかで通交する表現体であることを願っている。
 本誌は、他に阿部小涼、安岡健一を招いて、編集委員との座談会「社会運動史をともにつくるために」、伊藤晃の「『運動史研究会』について」、谷合佳代子インタビュー「社会運動アーカイブズの現在」、山本崇記による『東大闘争の語り』の書評などを掲載。次号は、一二月刊行予定で、「特集 1968-69」。

(新曜社刊・19.2.15)

  • -
  • 08:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 「内」からの視線で震災以後を問う                              ――「復興」より「再生」の方が、被災地の人たちの明日への言葉として相応しいのではないか。
    佐藤竜一
  • 追悼・忌野清志郎
    魔笛
  • 映画芸術は今こそ回帰の時代を迎えつつある
    西井雅彦
  • 詩集『悪い神』を読む
    築山登美夫
  • 夏石番矢 世界俳句協会編『世界俳句2008 第4号』・評
    Ban'ya
  • 自らの在りように真摯に在り続けることの暗喩を
    竹ノ内
  • 自らの在りように真摯に在り続けることの暗喩を
    minagawa
  • 自らの在りように真摯に在り続けることの暗喩を
    Takenouchi
  • 寄席の世界に魅せられて・3
    神尾
  • 「理想」の可能性

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM